珪藻土と無垢で建てる子育て充実の自然素材の家-新井建設 工務店-八王子

珪藻土と無垢・自然素材の注文住宅|新井建設・八王子市・日野市 のブログトップページへ戻る

こんにちは。
自然素材を使って気持ち良く暮らす家をつくっている
八王子市の新井建設、二級建築士 小川 です。

配筋検査が無事に終了した為、作業は当初の予定通り
スムーズに進んでいます!

配筋検査が終わりましたので、まずは耐圧盤の打設です。
簡単に言いますとベタ基礎で作る基礎の床コンクリートの事です。







基礎は上部構造の壁や柱と連結して、荷重や地盤からの反力に対抗する構造体ですから、
当然、構造上の荷重を分担するし、そのために分厚く多量の鉄筋が組み込まれています。

文字通り家の土台となる『基礎』ですから、しっかりとした物を作る必要があります。



耐圧盤の打設が終わると、基礎の立ち上がり部分の型枠を組み立てていきます。



型枠を組み、基礎と土台を緊結するアンカーボルトやホールダウンのボルトを所定の位置に
取付け型枠内にコンクリートを打ち込んでいきます。



あとは、型枠を撤去するまで数日間は養生期間として現場はお休みとなります。

梅雨の時期ですが天気に恵まれ、順調に工事が進んでいます。
水不足が心配ですが・・・w
twitterはじめました。フォローお願いします!

珪藻土と無垢・自然素材の注文住宅|新井建設・八王子市・日野市の{NETITLE}の記事へ家づくりで失敗しないために必要な情報を分かりやすくお伝えしています!
お問合せ 資料請求