自然素材の家注文住宅新井建設の工事ブログ

新井建設のリフォームサイト
サイト内検索
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2017年11月 次月>>
最新コメント
RSS
月曜日にやっとサッシが現場に納品されました。



F様邸ではYKKの樹脂サッシ、APW330シリーズを採用しました。
樹脂サッシはアルミサッシと比べて熱の伝わりが約1000分の1です。
室内外の温度差で生じる結露を大幅に軽減します。

ガラスは2枚ガラスの空気層とガラス内側の金属コーティングにより
熱の伝わりを軽減するLow-E複層ガラスです。

省エネにも配慮している商品で、省エネ建材等級において
最高等級☆☆☆☆を得ています。

価格はアルミサッシよりも高価であはりますが
APWの高い冷暖房効率によって光熱費を節約できます。
イニシャルコストはかかりますが光熱費などのランニングコストを考えると
選択肢の1つではないでしょうか。

フローリングを貼り始めました。





F様邸では【樺(カバ)】と【レッドパイン】の2種類を使用します。
上の画像は樺のフロアです。

樺の特徴としては、ナラよりも柔らかくヒノキよりも硬い広葉樹で、
木目が少なく優しい白さのフロアです。
やわらかい風合いがインテリアを引き立てます。

F様邸ではLDKと玄関廻りに樺を使用します。

連休明けの今日、瑕疵保険の構造検査を受けました。





1時間に渡って細かくチェックをしてもらいました。
連休前に検査項目を確認しておきましたので
検査は問題なく終了しました。

午後からはサイディング業者との打ち合わせでした。
早速サイディング工事といきたい所ですが、
震災の影響でサッシの納品が遅れています。
当然、サッシを取り付けなければサイディングを張れませんので
今はサッシが納品されるのを待っている状況です。
ですので、現時点で外壁工事はストップという事になってしまいます。
サイディングに関しても通常より納期が遅れています。

ですが、内部工事は順調に進んでいます。
断熱材が張り終わりました。
サッシの入荷が遅れているため、連休前の外部工事は終了です。



水道配管作業を開始しました。


電気配線状況

電気配線作業を開始しました。



今回は天井高を高めに確保するため、電気屋さんには面倒をかける事が
多くなりますが、いつも快く作業してくれるので助かっています。



現場に断熱材が搬入されました。



窓廻りや土台廻りの桟を取り付けた後に断熱材を張っていきます。


提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所