自然素材の家注文住宅新井建設の工事ブログ

サイト内検索
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月 2017年04月 次月>>
最新コメント
RSS
先日の上棟式からも
天候にも恵まれ順調に、
工事が進行しています。

屋根の下地と
シートが貼られて

さらに屋根材を施工していきます


また、家の規定の柱に
金物が施工され頑強に
なっていきます。


小さくても
力持ち。
とはまさにコイツですね。



水草
F様邸は、耐力壁としてパナソニック電工の『ケナボード』を採用しました。





ケナボードという名前は、ケナフのボードという意味です。
ケナフとは、主に中国や東南アジアで栽培されている植物で、
種まき後、約半年で4〜5mに成長する1年草です。
成長が早くCO2吸収能力がとても高いため、
木材に代わる資源として注目されています。

ケナボードの厚みは、わずか4.5ミリと面材耐力壁の中では薄い部類に属します。
しかし、厚みが薄いからといって強度が弱い訳ではなく、断面方向からの
最大せん断荷重は、厚さ9mmの構造用合板の約1.5倍にもなります。
CN50の釘を使用すれば壁倍率3.2倍を確保できます。N50釘でも2.8倍です。

他の面材耐力壁に比べて重量も無いため現場施工が容易です。



屋根仕上げ葺きは順調に進み、明日には大屋根が葺き終わります。


型枠を撤去しました。
撤去後は外部の土を埋め戻したりポーチを打設したりします。



これで基礎本体工事は完了となりました。
耐圧盤打設後、立ち上がりの型枠を組み
本日、打ち込みを行ないました。





打ち込み終了後には毛布等で養生をして養生期間に入ります。
H様邸の耐圧盤を打設。



翌日からは立ち上がりの型枠組み作業です。



同じ八王子で新築しているI様邸では本日ベランダの
FRP防水工事を実施しています。





ベランダが2ヵ所ありますが2人で1日の作業です。
明日は外回りに防水紙を張ります。


提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所