自然素材の家注文住宅新井建設の工事ブログ

新井建設のリフォームサイト
サイト内検索
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2017年11月 次月>>
最新コメント
RSS
F様邸は、耐力壁としてパナソニック電工の『ケナボード』を採用しました。





ケナボードという名前は、ケナフのボードという意味です。
ケナフとは、主に中国や東南アジアで栽培されている植物で、
種まき後、約半年で4〜5mに成長する1年草です。
成長が早くCO2吸収能力がとても高いため、
木材に代わる資源として注目されています。

ケナボードの厚みは、わずか4.5ミリと面材耐力壁の中では薄い部類に属します。
しかし、厚みが薄いからといって強度が弱い訳ではなく、断面方向からの
最大せん断荷重は、厚さ9mmの構造用合板の約1.5倍にもなります。
CN50の釘を使用すれば壁倍率3.2倍を確保できます。N50釘でも2.8倍です。

他の面材耐力壁に比べて重量も無いため現場施工が容易です。



屋根仕上げ葺きは順調に進み、明日には大屋根が葺き終わります。


この記事に対するコメントの受付は終了しています

この記事コメント

この記事へのトラックバック受付は終了しています

この記事のトラックバック



提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所