自然素材の家注文住宅新井建設の工事ブログ

新井建設のリフォームサイト
サイト内検索
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2017年11月 次月>>
最新コメント
RSS
玄関ホールにエコカラットを貼りました。



エコカラットは性能はもちろんの事、空間のアクセントにもなりますので
とても重宝している建材です。


そのエコカラットには調湿性能・臭い吸着力・VOC(揮発性有機化合物)吸着力の
3つの大きな性質があります。

【調湿性能】
室内の湿度が高くなると湿気を吸収し、湿度が低くなると湿度を放出する
調湿機能を備えています。

湿度を調整する事によってカビやダニの繁殖を抑制する効果があります。

珪藻土に比べ約4〜5倍の吸放湿力があります。

【臭い吸着力】
悪臭の原因物質(メチルメルカプタン・トリメチルアミン・アンモニア・硫化水素)を
吸着し、部屋の空気を爽やかに保ちます。

珪藻土よりも優れた脱臭能力を発揮します。

【VOC吸着力】
建材や家具から揮発するホルムアルデヒドなど、空気中の有害物質VOCを
吸着し低減します。

財団法人日本建築センターより『ホルムアルデヒド低減建材認定』を取得しています。


メリットが多いので、たくさん使用したい気持ちはありますが、
面積あたりの価格は珪藻土よりも高額ですので施工場所を良く検討し、
部分的な施工をお勧めします。

この現場ではトイレの壁にも一部分エコカラットが貼ってあります。



この記事に対するコメントの受付は終了しています

この記事コメント

この記事へのトラックバック受付は終了しています

この記事のトラックバック



提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所